2015年7月2日木曜日

Viili という乳加工品

フィンランド語で viili(ヴィーリ)という名の、乳加工品があります。

フィンランドではごくごく普通の乳製品。メーカーや脂肪含有量などによって、容器のデザインや色に違いはありますが、一般には200g入りで、こんな容器で売られています。


牛乳を発酵させたものだそうなので、ヨーグルトのようなものともいえます。でも食感が独特で、ビヨ~ンと伸びる??? それにあきれた外国人が、「はさみが無いと食べれない…」と言ったとかなんだとか…

写真ではうまく表せませんが、


この不思議な感じを強いて何かに例えれば、むかし流行った「スライム」ですかね。


ところで、この食品のいいところは、家でも簡単に増産できるということです。

小さじ1杯ぐらいの viili を種として容器に入れて、そこに牛乳を加えてよくかき混ぜ、蓋をして1日ほど放っておく…それだけです。完成した後は冷蔵庫で保存します。

何よりも、ヨーグルトを作る時みたいな保温が必要ないというのが手軽だし、失敗することもまずありません。

いくら viili を種として入れていると言っても、室温に牛乳を置いとくだけって…腐った牛乳ができるんじゃないか?!なんてことが頭をよぎることもありますけど、今までのところはちゃんと毎回 viili になっています。


こちらはその自家製viili。器に入れて、ルバーブとイチゴで作ったジャムをのせてみました。

4 件のコメント:

  1. 見た目は乳白色で普通のヨーグルトかチーズに見えるのにね!
    ところ変われば珍しいもの沢山あって面白いです。
    日本では水切りヨーグルトが流行っていて、チーズっぽく利用するみたい。
    オモさんはヨーグルト好きなのかなぁ?

    返信削除
    返信
    1. 水切りヨーグルトって、クリームチーズみたいな感じなんですかね。

      それにしても、乳製品もその使い方もいろいろあるものですね。牛乳ってすごい!!

      オモは乳製品大好きです。あんまり食べさせないけど。

      削除
  2. ケフィアとはまた違うんですね。
    ほんと、乳製品&発酵食品ってその土地その土地に星の数程あって、楽しいです。
    この伸びる食感、是非試してみたいな。こっちにも売ってるか、調べてみようと思います。

    それに、増やせる”というのがいいですね!

    返信削除
    返信
    1. 牛乳は本当に偉大ですよね。
      ぜひ試してみてください。

      家で増やすと経済的だし、プラスチック容器のゴミが出ないというのもとてもいいことだと思っています。

      削除