投稿

サイマーワモンアザラシって?

この週末は、フィンランドのサイマー湖からのライブストリーミング→WWF(関連記事 サイマー湖のアザラシ君登場なるか?)に、Pullervo君がしっかり出演してくれていました。今日だって、ほら。


この Pullervo君は、「サイマーワモンアザラシ」という種類のアザラシ。サイマー湖にしか生息しない、とても希少なアザラシです。
サイマーワモンアザラシ フィンランド語で saimaannorppa。学名は Pusa hispida saimensis。ワモンアザラシ(Pusa hispida)の亜種。

氷河期の後、陸地が上昇したことで約8000年ぐらい前に海から分離してできた湖。そこにに取り残されてしまったワモンアザラシたちの子孫たちが、サイマーワモンアザラシです。サイマー湖にだけ生息しています。

大きさ・特徴 体長は 130~145 cm。体重は50–90 kg(季節によって変わる)。
サイマーワモンアザラシは、他のワモンアザラシよりも脳と目が大きいという特徴があります。海よりも複雑な地形であり、さらに水の透明度も低いサイマー湖の環境に適合したのだろうという話。

絶滅危惧種 サイマーワモンアザラシは絶滅危惧種。生息数は推定で約360頭。何しろサイマー湖にしか住んでいないのです。つまり「全世界」で360頭しかいないということ。

それでも、1980年代から徐々に増えてはきているらしい。1980年代始めには120~150頭ほどしかいなかったそうですから。

保護活動の成果なんでしょうね。でも現在の個体数もまだまだ多くはなく、楽観はできない状況。

地球温暖化にともなう自然の変化も大きな課題のようです。サイマー湖のアザラシたちは、氷の下から雪に掘った巣穴で子供を産むそうなのですよ。でも近年、十分な積雪量がない。それで、この頃はアザラシたちが巣をつくって子供を産めるように、人造の雪山を作ってあげているみたいなんですけどね。

サイマー湖のアザラシとネストリ・ミーックライネン サイマー湖のアザラシといえば、ネストリ・ミーックライネンさん…

ユハ・ヴァイニオという方が作詞作曲した、「Vanhojapoikia viiksekkäitä」という、フィンランドでは有名な歌があるんですよ。1982年レコーディングされた曲なのでだいぶ古い?

歌の中に出てくるのが、ネストリ・ミーックライネン(ネス…

サイマー湖のアザラシ君登場なるか?

オモ(うちのわんこ10歳♂)の添い寝要求に答えるべきか無視するべきか悩んだ末…

2017年4月を振り返る

復活祭といえばこの食品

オモ(うちのわんこ10歳♂)の再診日

オモ(うちのわんこ10歳♂)の変色した目

2017年3月を振り返る

林業専門学校の学校公開日に出会った動物たち

林業専門学校の学校公開日

2017年2月を振り返る

「出前一丁」はフィンランドのスーパーにもあった!

青空の下の散歩