2016年7月5日火曜日

ビルベリーを摘みに

先日、ビルベリー(野生のブルーベリー)が熟し始めていることに気づきました。

---関連記事---
タピオの国の植物記: 鳥の糞が教えてくれた
近くの丘の日当たりのいい場所だったら、きっとたくさん熟しているに違いない…そう思って、今年初のビルベリー摘みに行ってきましたよ。


予想通り、収穫できるぐらいに熟している実がたくさん!!


そして今年は、大きい粒のベリーも多いです。適度に雨が降ってくれたからかな。



まだ全部が全部熟しているわけではなかったので、選り好みしながらの収穫。それでも2リットルぐらい摘んできました。

いや、収穫しようと思えば熟した実はもっともっといっぱいあったんですけどね、私の腰が「これで十分だから帰ろうよ」というものですから…


今回ビルベリーを摘んだ丘のてっぺんの風景。左手に集まっている石は、青銅器時代の古墳の一部です。


この丘のてっぺんは、岩がむき出しになっている部分が多いんです。でもちょっと下ると、ビルベリーがいっぱい!というありがたい丘です。

*****

今日のフィンランド、今年最多の稲妻数(約2万)だったそう。落雷による火事もいくつかあったようです。

さらに、この夏の最高気温も更新。とはいっても、日本と比べればかわいいもんです。28.8℃ですから。


全国的にはそんな日でしたが、このあたりは雷雨もなく、最高気温も20℃ちょっとという、とても過ごしやすい一日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿