2011年12月28日水曜日

日常のありがたさ

26日の嵐のあと、27日にも再び嵐。さらに停電地域が広がりました。回復のための作業は続けられているものの、7万5千世帯ほどがいまだ停電中です。地域によっては、回復は年を越してからになるとのことです。

停電地区のスーパーでは、アイスクリームや冷凍食品、乳製品や生鮮食品がすべてゴミ箱行き、一般家庭でも、冷蔵庫・冷凍庫内の食品を廃棄せざるを得ない状況です。それもそのはずです。我が家ではたった8時間の停電でしたので、食品廃棄からはまぬがれましたが、5度に設定してあった冷蔵庫内の温度は9度まで上がったし、-20度に設定してある冷凍庫のほうは、8時間一度もドアを開けなかったにもかかわらず、-11度まで温度が上がっていました。

こんなときには、世の中どれだけ電気に頼っているかというのがわかります。水道が使えなくなったり、モバイル通信のためのステーションに電気が通じていないために携帯電話も地域によってはつながりにくかったり…各地でさまざまな影響が出ています。

我が家では、何も問題なく日常どおりの生活をすることができています。なんてありがたいことか。嵐の影響といえば、庭の松の大きな枝が数本折れて落ちてきたのと、ナナカマドの木が1本倒れたこと、そして、小鳥の餌が容器ごと風に吹き飛ばされてしまったことぐらいでしょうか。

さて、平和なひととき、オモの寝床にちょっといたずらのつもりで、ぬいぐるみを並べて置いておきました。オモは、ぬいぐるみたちを蹴飛ばして寝床から追い出すんじゃないかと思っていましたが、ごらんのとおり…


みんな仲良くおねんね中です。

2 件のコメント:

  1. 初めまして。オモちゃんめちゃくちゃ可愛いですね!
    ふわふわで頭はカーリーな毛皮がユニークで可愛いです。

    返信削除
  2. Sam さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

    オモのヘアーはほんとにカーリーで可愛いのだけれど、薄暗い中、床の真ん中にごろんとされると、どっちが頭でどっちに尻尾があるのかわからないっていうのが玉に瑕かも…。頭をなでるつもりがお尻だった、なんてことも何度かありました。

    返信削除