2017年9月25日月曜日

食べられないキノコを集める

この秋キノコが豊作で、うちの冷凍庫もだいぶキノコで埋まってきております。

そんなわけで、我が家の調理担当主任(←夫)から、「食用キノコ収穫禁止令」を出されてしまった先週末なのでした。

でもめげずにキノコ狩りに行ってきましたよ。食用キノコではなく、ウールを染色するためのキノコを集めるつもりで。

本命は、フィンランド語で veriseitikki (Cortinarius sanguineus) という名のキノコ。
こんなふうに、全体が赤みがかっているキノコです。

摘んできたveriseitikki(Cortinarius sanguineus) という名のキノコ

でも残念ながらあまり見つかりませんでした。

もっとも、このキノコがあまり見つからないのは毎度のこと。この界隈の森林には少ないのか、くうっけりがいい場所を知らないだけなのか…そのへんのところは不明です。

このキノコの親戚 verihelttaseitikki (Cortinarius semisanguineus) …アカヒダササタケはたくさん見つかります。染色に使えるだけの量の veriseitikki を収穫するのはどう見ても無理そうなので、アカヒダササタケも一緒に集めてきました。

他に収穫したキノコは、こんなのとか


こんなの。


やはりどちらも染色に使うつもりで摘んできたものです。数は少ないので、乾燥して、十分な量が集まるまで保存しておく予定。

森林にはたくさんのキノコが顔を出していますが、全部が全部染色に使えるわけではありません。例えばアンズタケ。あんなにきれいな黄色ですが、アンズタケでは糸を染めることができません。あの黄色、煮出せないんですよね。


こんな色とか


あるいはこんな色とか


そのまま糸にうつせればいいのだけれど、そうはいかないのが残念…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿