2013年6月12日水曜日

白さまざま

この時期の自然は、たくさんの花や植物を楽しませてくれます。一番目に付く色はもちろん、新緑をはじめとしたさまざまな色合いの緑です。でもそんな中で目に留まるのが「白」

ちょっと離れた場所からでもよく見えるのが Tupasvilla(ワタスゲ)です。


これは花ではなくて種の集まりなんですって。なんと Kuukkeli はついさっきまでこれが花だと思っていました… 


確かに花というよりはタンポポの綿毛のようなものに近いですかね。


Tupasvilla のように遠くからもよく見えるというわけではないけれど、森の中で足元を見ると目に付くのが Oravanmarja (直訳すると「リスのベリー」。日本のマイヅルソウっぽいですが、属は同じでも種は違うみたい)。



そして、この時期はコケモモの花も満開です。


今年はどれだけ実をつけてくれるかなあ…

*****

白といえば、ここにも白いのが…


カットから日もたって、多少毛が伸びました。カット前と比べるとまだまだ雲泥の差ですが。

オモは昨日、満7歳の誕生日でした。特別なお祝いはしませんでしたが、昨日の夕食はちょっと特別なご馳走(といってもウエットタイプの餌を与えただけなんですけど…虫下しのお薬もしのばせて。いつもはカリカリしかあげてないんです)。オモは大喜びで食べてくれましたよ。

2 件のコメント:

  1. オモさん お誕生日おめでとう。
    遅くなっちゃったけど、ずっとずっと元気でいてね!

    ワタスゲ、、、オモさんの散歩後に引っかかった毛みたいだよ。 フワフワしてるね~
    タンポポの綿毛に似ているね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとう!オモもしっぽをふってるよ。

      ほんとにフワフワ。糸が紡げるんじゃないかと思ったぐらいです。

      削除