2016年2月4日木曜日

手術から3週間が経ち…

オモの会陰ヘルニアの手術は1月14日でした。ですから今日で、ちょうど術後3週間が経ったということになります。

ご心配をおかけしましたが、オモはだいぶ元気になりました。


昨日は、「散歩に行くよ!」という呼びかけに、オモが自ら玄関まで走ってきました。これは術後初めてのこと。大きな進歩です!! 術後はずっと、無理やり外に連れ出すといった感じでしたので。

それならば…と、その日の散歩は、森林方面へ。これも術後初のことでした。

手術前と同じように、元気に歩いているオモですが、


手術の時に毛を剃られたお尻周辺がなんともいとおしい…

そしてこのお尻を見ていて、今年は申年だということを思い出しました。(←わかります?この変な連想) このお尻はもしかして縁起物???



抗生物質の錠剤を与えていたのが術後10日間です。抜糸は手術から12日後…一週間あまり前でした。そして、切開した部分のかさぶたが完全に取れたのは昨日のこと。

3週間なんて過ぎてしまえばあっという間ともいえますが、この術後の3週間は、いつになく長く感じました。



怖いのが再発です。

今回手術したのは右側です。その再発も心配なのですが、左側にも初期の会陰ヘルニアが見受けられるとのことで、それも心配。去勢をしたから進行しないだろうとは言われたのだけれど。

2 件のコメント:

  1. 初めまして。ちゅん子と申します。

    オモが元気になってくれて本当によかったです~♪
    手術のあとのころはハラハラしました。
    動物は具合の悪いのを隠すといいますし、言葉も通じないし
    体調を崩すのは本当につらいですよね。
    でも、元気になってくれて、雪の上をお散歩している姿を拝見できて
    私もとっても嬉しいです♪

    フィンランドの美しい四季の様子を伝えてくださるくうっけりさんのブログを
    いつも楽しみに拝見しております。
    私も、趣味で機織りをしているので、もうひとつのブログのほうも
    本当にすごいなーと思いつつ拝見しています。
    組織図からちゃんと考えていらして、素晴らしいです!
    私は、お教室にかよっているので、縦糸はもうかかった状態なのです。
    生徒は、ただ楽しく織るだけ…という夢のような状況です♪

    そちらは寒さが厳しいことでしょうから、オモもくうっけりさんも
    どうぞお体にお気をつけて冬をお過ごしくださいね。
    またブログに遊びに伺います♪

    返信削除
    返信
    1. ちゅん子さん、初めまして。コメント、ありがとうございます。

      ご心配かけました。
      おかげさまでオモも、今はほぼ以前どおり元気になりました。
      犬の体調の変化は、飼い主が気づかないとどうしようもないですものね。
      もうちょっと早く気付いて上げられればよかったのに…と悔やまれます。

      私のつたないブログをご覧いただいているとのこと。励みになります。ありがとうございます。
      手織りもされているのですね。
      私はつい、頭でっかちになりすぎてしまって、組織のことなんか書いてしまっていますが、織は、楽しめれば、それが一番だと思います。
      これからも、楽しく織を続けてくださいね。

      日本は、気温の変動が大きいようですね。
      ちゅん子さんもどうぞ健康にはご留意ください。

      これからもよろしくお願いします。

      削除